2018年8月10日金曜日

D-STAR リピータ・ゲートウェイ(dsgwd)のインストール(CentOS 7 対応)

Back


準備するもの
  • CentOS 7(2018年夏に於ける最新版 7.5:1804)のインストールされたLANカードを2枚持つPC

  • DD(バックアップイメージを取るなどに使用)コマンドを使用しなければ WiFiも可能と言う事ですし、USB-RJ45 変換アダプタの使用等も出来ますが、 サーバーとしの安定性を考慮すると上述の仕様をお勧めします。

  • ICOM社製 dsgwd ゲートウェイソフトウェアの入手

  • CentOS が64ビット版の時 dsgwd-jp-1.40-2.el7.x86_64.rpm
    CentOS が32ビット版の時 dsgwd-jp-1.40-2.el6.i686.rpm

    本来は有償のCDで供給されています。今回のアップグレードの供給方法等詳細は不明です。
    現在は管理団体の協力によるテスト中です。詳しくはD-STAR技術情報をご覧ください。

    CDで初期と同様に供給された場合

    # mount /dev/cdrom /mnt
    # ls /mnt
    # tar -zxvf /mnt/dsgwd-jp-1.40.tar.gz .
    # umount /mnt
    
    # はROOT権限のプロンプトです。(コメントアウトではありません)
    又、圧縮ファイル名は仮称です。

    zipファイルなどでWEBダウンロードする場合

    # yum install wget -y
    # wget https://[downloadURL]/dsgwd-jp-1.40.zip
    # unzip dsgwd-jp-1.40.zip
    

  • 最新版のJARL dxchange の入手

  • 従来どおりJARLから、配布用メールで届くと思われます。


dsgwd のインストール
  1. 解凍したプログラムが home ディレクトリーに有るとして・・・

  2. 64ビットOSの場合以下のファイルが足りないと言うメッセージが出る場合が有ります。

    64ビット版のみ
    # yum install libc.so.6 libpthread.so.0
    

    以後64ビット版のファイル名で記述しますが32ビットの場合はファイル名を置き換えてください。
    # rpm -ivh dsgwd-jp-1.40-1.el7.x86_64.rpm
    

    インストールのみで自動立ち上げスクリプトも生成され、環境設定ファイル dsgwd.confは /etc に配置されます。

  3. 環境設定ファイル dsgwd.conf を編集します。

  4. # yum install nano -y       (好みです)
    # nano /etc/dsgwd.conf
    
      GNU nano 2.3.1                    File: /etc/dsgwd.conf
    #
    # dsgwd.conf
    # Configuration file for D-STAR GW-Server Daemon
    # (C) 2004-2017 Icom Inc. Revision 1.4 Beta
    #
    
    # --- Setting the following two parameters is mandatory. ---
    # Zone Repeater's Infomation
    ZR_CALLSIGN=RPT000                      ==> RPT000をリピータコールサインに
    ZR_ADDR=172.16.0.1
    
    # --- Caution! Use the following parameters as they are. ---
    # --- Only when you need any customization,              ---
    # ---        please change the following parameters.     ---
    # Zone Repeater's Infomation
    #ZR_PORT=20000
    #ZR_SRCPORT=20100
    #ZR_ETHIFNAME=eth1
    
    # DNS Server
    #DNS_ADDR=202.218.111.115
    
    # GateWay
    #GW_ETHIFNAME=eth0
    #DEFAULT_GW=10.0.0.1
    #GW_LOGINT=300
    #GW_VCPORT=40000
    #GW_VCSRCPORT=40002
    #GW_DTPORT=40001
    #GW_ZRPORT=20000
    
    # Kanri Server
    #MGSV_ADDR=trust.d-star.info.          ==> #(コメントアウトを外し有効に)
    #MGSV_PORT=30001
    #MGSV_LOGADDR=202.218.111.115
    #MGSV_LOGPORT=30000
    
    
    バージョン1.3からの1番目の変更点が MGSV_ADDR の FQDN 指定可能が可能となったことです。 これはJARL管理サーバの多重化に関連して、この FQDN で指定しておけばサーバの一部がトラブルを起こしても別のサーバがそれに取って代われると言う意味を持ちます。

  5. その他の確認事項

  6. # nano /etc/rsyslog.conf
    
      GNU nano 2.3.1                      File: /etc/rsyslog.conf
                 :
                 :
    # ### end of the forwarding rule ###
    local0.*                        /var/log/dsgwd.log
    
    ファイルの最終行に一行追加されているかを確認してください。以前はこれを手入力していました。

    次に上記で指定したログファイルが存在するか確認します。
    # ls /var/log/dsgwd.log
    
    もし無ければ、ファイルの存在を確認できないためプログラムが立ち上がりませんので、空ファイルを作ります。
    # touch /var/log/dsgwd.log
    

  7. 起動させてみます。

  8. # service dsgwd start
    

    # ps -e
            :
            :
     1226 ?        00:00:00 exec-gw-nonstop
     1230 ?        00:00:04 dsgwd
    
    
    上記のように立ち上がれば、一先ず完了です。


dsgwd の自動起動
  1. 前項までのインストールが完了したら再起動します。

  2. # reboot
    

  3. 前項同様に、自動起動しているか確認をします。

  4. 次にログを確認します。

  5. # tail /var/log/dsgwd.log
    
    ファイルの最後(最新)から10行表示します。連続して監視したい時は次のようにします。
    # tail -f -n30 /var/log/dsgwd.log
    
    ファイルの最後から30行を指定して表示、ログが排出される度に追加されます。

    [root@localhost ~]# tail  /var/log/dsgwd.log
    Aug  8 10:10:31 localhost dsgwd[1224]: DEBUG - [LOG_GWREG]    Execute GW regist. (trust.d-star.info.)
    Aug  8 10:10:31 localhost dsgwd[1224]: DEBUG - GW regist OK. Global IP = 211.333.99.999.
    Aug  8 10:10:32 localhost dsgwd[1224]: DEBUG - [LOG_GWREG]    GW regist OK. Global IP = 211.333.99.999.
    Aug  8 10:14:15 localhost dsgwd[1230]: INFO - STARTUP dstar GW (C) 2004-2017 Icom Inc. Revision 1.4 Beta2
    Aug  8 10:14:15 localhost dsgwd[1230]: DEBUG - Auto Detected: DEFAULT_GW = 10.0.0.99
    Aug  8 10:14:15 localhost dsgwd[1230]: DEBUG - Auto Detected: GW_ETHIFNAME = wlp2s0
    Aug  8 10:14:15 localhost dsgwd[1230]: DEBUG - Auto Detected: ZR_ETHIFNAME = enp1s0
    Aug  8 10:14:15 localhost dsgwd[1230]: DEBUG - [LOG_GWREG]    Execute GW regist. (trust.d-star.info)
    Aug  8 10:14:15 localhost dsgwd[1230]: DEBUG - GW regist OK. Global IP = 211.333.99.999.
    Aug  8 10:14:16 localhost dsgwd[1230]: DEBUG - [LOG_GWREG]    GW regist OK. Global IP = 211.333.99.999.
    
    他にもログが存在します。
    # tail /dstar/log/log2
    

    [root@localhost ~]# tail /dstar/log/log2
    2018-08-08T10:09:13+0900 start
    2018-08-08T10:09:13+0900 end
    
    --- exec-gw-nonstop ---
    
    2018-08-08T10:10:31+0900 start
    
    --- exec-gw-nonstop ---
    
    2018-08-08T10:14:15+0900 start
    


0 件のコメント:

コメントを投稿