2013年1月27日日曜日

Raspberry Pi "ircDDB Gateway" のUPDATE

Back



 左図は、xReflector.net のダッシュボードですが、昨日までの表示と少し違うのでよく見てみると、ソフトウェアをアップデートするようにとのメッセージが書かれていました。そういえばメーリングリストでもそのようなことが書かれていたように思い見直してみたところアップデート方法が記載されていましたので早速やってみました。
 JF1CXH局のDVRPTRは今回のアップデート対象ではないようでバージョンが表示されています。 先日、IMGファイルを焼いて作成したDVAP+ircDDB Gateway(2013/01/22)は対象のようです。
$ klxupdate gateway
--2013-01-27 11:26:03-- http://westerndstar.co.uk/KLXstuff/gateway/gateway.tar.gz
Resolving westerndstar.co.uk (westerndstar.co.uk)... 82.165.22.182
Connecting to westerndstar.co.uk (westerndstar.co.uk)|82.165.22.182|:80... connected.
HTTP request sent, awaiting response... 200 OK
Length: 26917437 (26M) [application/x-tar]
Saving to: `gateway.tar.gz'
100%[====================================================================>] 26,917,437 198K/s in 74s

2013-01-27 11:27:17 (357 KB/s) - `gateway.tar.gz' saved [26917437/26917437]
   :
   :
** DONE **
Do you wish to REBOOT now?y

Broadcast message from root@raspberrypi (pts/0) (Sun Jan 27 11:27:55 2013):
The system is going down for reboot NOW!

 同様に、リピータ(ノード)ソフトのアップデートは次のようにします。
$ klxupdate repeater


 GUI をお使いの方は LXTerminal を立ち上げて戴き、ssh をお使いの方は sudo しなくてもOKのようなのでそのまま、上記のコマンドを打って戴くだけでアップデートできます。

 無事、私のDVAP + ircDDB Gateway on Raspberry もアップデート完了です。
 ちなみに、図下部のJE3HCZ C はDV Dongle + WinDV 1.5.5 なのでアップデートしませんでした。


=MEMO=
 2013/04/05版以降 ircDDBGateway の設定メニュー(Edit)が独立したプログラムに変更されました。 それ以前のバージョンから klxupdate する場合、その設定用プログラムが対象になって居らずインストールされません。
 したがって、この時点を跨ぐアップデートのみ klxupdate gateway二回行ってください。 なお、設定プログラムの立ち上げ方は sudo ircddbgatewayconfig です。


Back


73
J E 3 H C Z @REF047 C

0 件のコメント:

コメントを投稿

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス